フローリングと布団の間が結露しないようにするにはどうするべきか

布団のカビや湿気対策に困っている人はとても多いでしょう。
特に畳ではなく、フローリングに敷いている人にこうした悩みを抱えている人は多いようです。

 

万年床の場合、当然ですが、フローリングにも布団にも良い影響はありません。

 

しかし、きちんと毎日毎日布団を上げ下ろしする場合でも、完全に湿気から起こる問題をカバーできるわけではありません。
布団から出る湿気が押入れやクローゼットにこもり、カビなどの原因になることがあります。

 

なぜ布団にそんなにもの湿気がたまっているのかというと、睡眠中に汗をかいているからです。
特に、フローリングに直接布団を敷いている場合、布団と床の間の通気性がとても低くなりますので、畳に敷く場合よりも湿気がたまりやすくなります。

 

そして、湿気が冷やされ、結露になってしまうのです。
冷えて起こる現象であるため、冬の寒い季節に起こりやすい問題です。

 

寝汗を湿気として含んだ布団は、湿気をそのままフローリングに通しますが寒い時期には、それが結露となって水滴に変わります。
環境によっては、床がびっしょりと濡れるほど、結露がたまってしまうこともあります。

 

対策として、こまめに布団の湿気を取り除くことはとても大事なことで、大前提であると考えておきましょう。
しかし、毎日布団を干すのはとても大変なことで、なかなか続けられる人はいないでしょう。

 

そこで、多くの人が「スノコを敷く」という対策を取っているようです。
すのこの効果については、こちらのページでも紹介しています。

フローリングに布団を敷く時の湿気対策。すのこは効果ある?

 

床と布団の距離を、スノコを挟むことによって開く方法です。
こうすることで、結露で床が濡れることは避けられます。

 

しかし、ベッドと同じように、場所をとったり、収納場所に困ったりする人はとても多いでしょう。

 

そして、布団の湿気はなくなるわけではなく、スノコにつきます。なので、スノコにカビが生えることがあります。
隙間が開いた分、湿気は逃げやすくなりますが、完全に湿気を追い出すのは難しいようです。

 

そこで、発泡スチロールや断熱シートを敷くという手段をおすすめします。
結露は、暖かい身体から出た湿気が、冷たい床に当たることで発生します。

 

なので、布団と床の間に断熱シートを挟むことで温度の調整をし、結露を防ごうというわけです。
シートは折りたたみもしやすく、軽いので、スノコよりも比較的収納が簡単なところも利点です。

 

布団そのものを湿気がこもりにくいタイプの布団に変えると、更に効果的です。

 

こうしたタイプの布団でも、完全に結露を防ぐことはできません。
断熱シートとこうしたタイプの布団との合わせ技で、かなり改善されるのではないでしょうか。