すのこは湿気対策に効果あり?フローリングに布団を敷く時にしておきたいこと

今の時代、全ての部屋がフローリングという家も少なくありません。

 

フローリングは畳みに比べて掃除がしやすく、洋風でオシャレな印象もあるので、このような家が増えたのでしょう。

 

もしこうした家に住む場合には、寝具はベッドにしましょう。

 

フローリングに直接布団を敷くと、床がびっしょり濡れてしまうことがあります。
これは寝ている間に身体から出た寝汗が原因で起こる結露です。

 

これを放置しておくとカビの原因になります。
カビの胞子を体に取り込むことは健康上、よくありません。

 

部屋の広さの問題でベッドを使用できず、どうしても直接布団を床に敷くことにしたけれど、の結露で悩んでいるという人はとても多いです。

 

こういう場合の対策として、有名なのは
「スノコを敷く」
というものです。

 

布団を収納する押入れの湿気対策としても有名で、最近では眠る時用のスノコも販売されています。

 

こうしたスノコを利用すると、結露については、ある程度改善ができるかもしれません。

 

ベッドフレームを置くのが一番。それが無理なら布団の手入れをマメにするしかない

ただ、結露がしにくくなったからといって、布団が湿気にくくなったというわけではありません。

 

湿気がなくなったわけではなく、四散しやすくなっただけです。
掃除機でこまめに吸ったり、頻繁に換気をしていれば変わるかもしれませんが、そうでなければ湿気はそこに溜まったままです。

 

なので、スノコの形状に合わせて、等間隔に布団がカビてしまったという実例もあります。

 

例えスノコを間に挟んだとしても、結露するほどの湿気が布団にこもっていることは変わりありません。

 

なので、折りたたみでもいいので、できる限りベッドフレームを利用するようにしましょう。

 

そのまま敷きっぱなしの状態では、どうしても結露からのカビ発生を避けることはできません。

 

もし、どうしてもベッドフレームが置けないのであれば、こまめに湿気の対策をすること。
布団乾燥機や天日干しなどをして、布団そのものの通気性をよくするように心がけましょう。

 

また、敷きっぱなしの状態が悪いわけですから、毎日畳むというのも1つの手段です。
キレイに折りたたまなくても、ざっくりと二つ折りにするだけで湿気が逃げていきます。

 

毎日同じ方向に畳むのではなく、違う方向に畳むなどの工夫もしてみましょう。

 

律儀に毎日布団の上げ下ろしを行なっていると、そうした状態にはならないのではないかと思いますが、そうでもありません。

 

布団が吸った湿気が押入れの中でたまって、カビを発生させてしまうことは珍しくないのです。

 

定期的に布団を干すなどして、布団の中から湿気を追い出しましょう。