腰痛緩和成分をサプリメントで摂ろう

サプリメントは、不足する栄養分を気軽に補うことができる便利なものです。
物によっては、体質改善、既往症の緩和などに役立つこともあるのだそうです。

 

中には、腰痛に効果が期待できるといわれているサプリメントも存在しています。
そのうち、有名な物をいくつか紹介しますので、参考にしてください。

 

・グルコサミン
グルコサミンを摂取することによって、関節や靱帯に存在している軟骨細胞を刺激し、軟骨の生成を促す効果が期待できます。
軟骨が増えることによって、関節の動きを滑らかになります。
腰痛も関節部分の軟骨の減少によって痛んでいる場合があり、その場合の腰痛に有効なサプリメントと言えるでしょう。
また、抗炎症作用も期待できるので、腰痛で炎症を起こしている場合にも効果的です。

 

・コンドロイチン
コンドロイチンとグルコサミンは、セットで配合されているサプリメントをよく目にされるでしょう。

 

上記の通り、グルコサミンが軟骨組織を生成する役割を持ちます。
対してコンドロイチンは、軟骨そのものの構成物質として働いてくれる成分です。
この2つの成分が同時に摂取できるサプリメントが多いのは、2つの成分の働きによる相互作用が期待できるからです。
グルコサミンが軟骨組織を刺激して生成を促した際に、軟骨の材料になるコンドロイチンが存在することによって、グルコサミン単体よりも軟骨の生成が促されます。

 

・ビタミン
意外かもしれませんが、ビタミン類を積極的に摂取することは、腰痛の緩和に役立ちます。

 

例えばビタミンB1。
これは糖質を筋肉などの必要なエネルギーに変えてくれる働きをしてくれるため、筋肉疲労の回復に効果が期待できます。
腰痛は腰部分の筋肉疲労から発生している場合もありますので、その場合の腰痛に良いアプローチをしてくれるでしょう。

 

そしてスキンケアアイテムにもよく配合されているビタミンEも効果的です。
ビタミンEは血流をよくする効果が期待できるのです。

 

ビタミンの積極的な摂取で血行改善

腰痛の原因の1つに、血行不良が影響している場合があると言われています。
腰を圧迫している生活を送っている人の場合、こうした腰痛は多いのではないでしょうか。

 

こうした理由で腰痛になってしまっている人の場合、ビタミンEを摂取することはとても有効な緩和手段です。

 

ひどい肩こりの改善のために、内科から処方されることもあるほどです。
また、ビタミンB12も良いといわれています。
末梢神経を回復してくれる効果が期待できるからです。

 

腰痛の方がビタミンを摂取する場合は、この3種類が配合されたもの積極的に選びましょう。

 

サプリメントは薬のように劇的に効果が表れるものではありません。
毎日こまめに摂取して、腰痛の起こりにくい体作りのサポートとして飲んでみてください。