布団を敷くのに適しているのは畳?フローリング?

最近では、おしゃれなフローリングの部屋ばかりの家が増えています。

 

しかし、「布団派」の人からすると、このようなことで困っているようです。

 

  • フローリングに直接布団を敷くと体が冷える。
  • フローリングに布団を敷くと床と布団がカビやすいと聞いたことがある。
  • フローリングに布団を敷くと結露で床が濡れる。

 

といったように、フローリングは、あまり直接布団を敷くのには向いていません。

 

見た目がオシャレであることや、畳よりも掃除がラクである点はフローリングの魅力です。しかし、ベッドを置くスペースがない家だと、寝床をどうすればいいのかはかなり悩みの種のようです。

 

布団はやはり畳に敷くことが理想的です。
畳にはある程度の硬さと保温性があり、布団と重ねるととてもちょうどよくなります。

 

今でこそベッドで眠る人が増えたものの、昔の日本人たちはみんな畳に布団で寝ていました。これで充分に気持ちが良かったからなんですね。
また、フローリングよりは通気性があるところも畳の方がいい理由の1つです。
フローリングの場合、1日眠っただけで、布団の下がびっしょり濡れてしまうといったこともありますが、畳の場合、そんなことにはなりません。

 

全く湿気がたまらないわけではありませんが、フローリングほど深刻な結露の問題にならないのです。

 

 

厚手の布団は結露対策も兼ねてフローリングに敷ける

とはいっても、フローリングしかない家に畳を取り入れるのはかなり無理があります。
スペースの問題上、やはりフローリングの上に布団を敷くしかない・・・という人はいます。

 

この場合、敷き布団をしっかりと選ぶことで解決できることがあります。

 

しっかりした厚めの敷き布団を選びましょう。

 

フローリングと布団の間で湿気が結露してしまうのは、床の冷たさと布団の暖かさの極端な温度差が原因だと言われています。
結露対策については、こちら→布団をフローリングに敷いて結露しないようにするには?

 

なので、厚手の敷布団を敷くことで、その温度差を中和してしまおうということです。
フローリングの冷たさを体に感じることもなくなるので、快適に眠ることもできるでしょう。

 

布団なので、ベッドなどの常設が必要なものと違い、収納することが可能です。
とは言っても、それだけでは湿気を完全に排除することはできません。

 

厚手の敷布団の下に、更に断熱シートなどを挟むと、更に効果的です。
定期的に布団乾燥機にかけたり、干したりするなどして、布団の湿度をリセットする習慣を持ちましょう。